うつろのまこと〜近松浄瑠璃久遠道行

????

ちょっと迷っていたけれど、

壱太郎さんが所作指導をなさったというので

弾みがついて観に行った。

だいぶおくればせながら

ちかえもん」にはまったので

?近松、もっと観たい!の気分だったので。

ちかえもん」一日繰り返し観ていられるくらい大好き。?

観始めて、まもなく気づいた。

タイミング悪かった。

舞台の上では熱演が繰り広げられているのに

近松役の人に違和感を覚えちゃう。

だめだ!松尾スズキさんが恨めしい。

ちかえもんインパクト強すぎ!

物語は、近松義太夫が、 「出世景清」「曽根崎心中

心中天網島」を 世に送り出した舞台裏を軸に描かれます

日によって組み合わせが変わり、私は「景清」「網島」の日にした。

阿古屋と、おさんが大好きなので。

幸四郎さんの「アマデウス」を観る前に

事前学習で映画の「アマデウス」を観てしまって

大失敗したこと思い出した。

映画のヴオルフガングが強烈過ぎて、

幸四郎さん(白鸚さん)の舞台がぜんぜん入ってこなかった。

幸四郎さんの重厚なお芝居の前に狂気のトム・ハルスを

観るんじゃなかった!

???ああ、モッタイナイ!あの時の二の舞。?

(6/4 博品館 「うつろのまこと」〜近松浄瑠璃久遠道行 作・演出:西森英行 )