寂蓮法師ゆかりの寺 入間市龍円寺 - 新古今和歌集の部屋

観音堂再建記念碑

武蔵野…桃源郷…新久…生業盛…其龍圓寺の

観世音は由緒詳ならねど古老の口碑には…行基菩薩の作りし堂宇は土御門

帝の建仁元年六月寂蓮法師が巡行の節建立したるものなりと○爾来星移り物換

大正四年五月

寂蓮は、建久の比、東国に修行に出ていた。

寂蓮法師集 詞書(新編国歌大観番号)

三輪の社に詣でて…74

いはれの池を過ぎけるに…75

磯の上寺にまうでて…76

みやこうつりの比…82

高野にしばしこもりたりける比…84

出雲の大社より下向して侍りける比…123

鳥羽殿御遊 建仁元年四月…149

すゑの秋あづまの道にて手越はつくらと云ふ所を…154

越えてこしうつの山ぢにはふつたもけふやしぐれに色は付くらん

あづまのかたに侍りける比十月ばかり

閑居虫…156

よそにおもふ人めのみかは虫のねもかれのの末の庵りなりけり

海辺冬月…157

きよみがたかへりし秋はとどまらで月は関ぢに有明の空

えしまを見にまかりて…158

名にたかき江島のいそを今日みれば跡もとどめず浪ぞかくなる

旅宿虫…159

きりぎりすまぢかき声を故郷のかべに聞きなすね覚なりせば

定家少将になりたりけるに…173

寂蓮法師十月ばかりにあづまのかたへまかりける

に、はこねと云ふ山をなむこえけるところのあり

さま、あやしくよのつねにはかはれりけり。はる

かに嶺にのぼりてはうみをわたり、たにににくだ

りては雲をふむ。さほどにかぜは木のはをまくり

あげて、時雨のふもとよりのぼりければ、よめる…316

旅の空雲ふむみねを分けゆけばしぐれは袖の下よりぞする

出雲のさつきの宮にまゐりて…320

寂蓮法師集によると、東国に行く途中、静岡市手越、箱根、江ノ島に寄り、歌を作っている。

149番の建仁元年四月の後に154、156〜159番の東国の歌が入っているが、その後に定家の少将補任の歌があり、同じ歌がいくつも出るなど、錯綜し、二つの家集を書写したものと思われる。

龍円寺

埼玉県入間市新久