化粧 中島みゆき

中島みゆきさんの歌には素敵な歌が多い。

その中でも秀逸なのがこの「化粧」

女ごころが見事に表現されています。

かって付き合っていた男性と今は別れてしまったが、本当に好きだった人だと今頃になって気が付いた。

こみあげてくる悲しみはとめどなく涙が目を覆う。

バスが来るまでには涙を止めたい。

しかし女性の目からはとめどなく流れる涙。

男性からずっと愛されていると思ていたのに、相手の心に気づかなかった自分が悲しい。

そんな主人公の心証をこの歌は見事に表現されています。

化粧  歌 : 中島みゆき